採用

採用

GDW、ウェルビーイングを中心に据えた経営

GDP(Gross Domestic Product 国内総生産)を価値判断としていた社会から、GDW(Gross Domestic Well-being 国内総充実)を価値判断とする社会へ。SDGs、サスティナブルの先にあるウェルビーング経営
採用

若者(Z世代)の採用を考える上で必要な要素

Y世代ともX世代とも価値観の違うZ世代。Z世代の価値観を知る事と、その価値観に合わせた社内の環境作りや、募集方法を構築する事は、これからの戦略的人事に必要な要素である事は間違いありません。松野健太のブログでは、若者(Z世代)の採用を解説します
採用

採用実績に差が出る採用ブランディング

採用ブランディングという概念が出てきた事により、BtoB企業でもブランディングの必要が出てきた昨今。ブランディングとプロモーションとの違い、CI(コーポレートアイデンティティ)の側面からも見た、ブランディングについて松野健太がブログで解説
採用

採用活動には、ファネルに合ったコミュニケーションが必要です

採用活動におけるファネルデザイン。採用率を上げる為にも、ROIを高める為にも、戦略人事における、求職者の方とファネルに合ったコミュニケーションは必要です。松野健太のブログでは、ファネルデザインがなぜそれほどまでに必要なのかを解説しています。
採用

採用活動はシェアードバリューを可視化する事から始まる

現代の採用活動は、以前のように募集内容だけを情報公開しているだけでは立ち行かなくなっています。もう一つ、採用において就職・転職市場にいる方達と共有しなければならない重要な情報シェアードバリュー、これを松野健太のブログで解説しています。
採用

なぜ自社の求人に応募がないのか?(応募チャネルとタッチポイント)

以前とは違って求人を出しても応募がない。この悩みを解消する為に、先ずは求職者の方が、どのようなコンテンツなどを経由して、貴社へ応募してくるのか。貴社の事を認知するのか?などを人事の方が理解しておく必要があります。松野健太のブログで解説しています。
採用

採用の核となるのは、それぞれの企業が保有する『採用ステートメント』

現代の採用活動において核となり、必ず保有をしていなくてはならないものが、この『採用ステートメント』になります。何を基として採用活動を行うのか?コーポレート・アイデンティティを採用向けに絞り込んだ採用ステートメントを松野健太のブログで解説。
採用

あなたの会社に採用したい人材、『高付加価値人材』とは?

貴社にとっての高付加価値人材とは、どんな人材になるのでしょうか。ペルソナ手法、ペルソナ作りでは高付加価値人材がわかりません。ターゲット設定は求人、採用活動においても同じです。松野健太のブログでは高付加価値人材とはペルソナ手法とはで解説。
採用

文字だけの求人でも、シェアードバリューを表現する必要性

貴社の事業維持、発展に不可欠な採用活動。現代の求人、採用活動において大切な事。それは例えテキスト(文字)だけの求人票であっても、シェアードバリューをしっかりと伝える事です。伝え方の実例とともに、その内容を松野健太のブログで解説しています。
タイトルとURLをコピーしました