採用の核となるのは、それぞれの企業が保有する『採用ステートメント』

採用

求人サイトやハローワークなどに、給与や勤務時間といった、いわゆる募集要項だけを出しておけば、貴社が採用したい人材からの応募を見込む事が出来た時代は、過去となっています。

求人は、募集要項+シェアードバリューで出来ている

採用活動においては、給与や勤務時間といった「募集要項」と言われる募集内容にプラスして

会社の「企業理念・存在価値、文化」(シェアードバリューと言います)を表現したものをセットにして、採用ターゲットとのコミュニケーションを設計(デザイン)する必要があります。

若者を中心とした、現代の求職者の方達が、就職先を選ぶ際に重きを置いているシェアードバリュー(Shared Values)

求人サイトなどの、写真や図などで表現できるものだけではなく、
例えハローワークの求人票のような、文字だけでしか表現できない求人ツールにおいても、
「募集要項」+「シェアードバリュー」で表現しなければならない事に、変わりはありません。

この企業の理念と存在価値、企業文化を転職・採用市場向けにデータにしたものを、我々は『採用ステートメント』と呼称しています。

※文字だけの求人でも、シェアードバリューを表現するは、こちらの記事で説明しています。

同じ会社から発信されるものなのに、不揃いな採用ツール

ハローワーク、採用サイト、パンフレット、面接ブースセット、SNS、ノベルティ、etc…
採用に関する様々なツールの全ては、何を基にして作られたのでしょうか?

同じ会社から発信されている採用ツールであるにも関わらず、情報や内容の軸が異なっており、
採用の基準が不明瞭になっているものが散見されます。

求職者の方のほとんどは、スマホを所有しており、
特に若者においては、デジタルネイティブ、スマホ・SNSネイティブである事もあり、
様々な情報へアクセスする術を心得ていますので、包括的に企業の情報を見ています。

その為、基準の不明瞭さは不信へとつながってしまう事や、ブランドイメージの構築にも影響を与えてしまう為、
同じ採用ターゲット(採用したい人材)としている競合他社との競争に、勝ちにくい状況を作る事となってしまいます。

採用ステートメントを保有している企業様においては、
全ての採用ツール制作の基が、採用ステートメントとなっていますので、
例え、Web制作会社さんや、印刷会社さん、広告代理店さんといった、採用ツールをバラバラの業者さんに発注をしたとしても、
採用ステートメントデータを各業者さんに渡す事によって、不揃いな採用ツールが出来上がってしまう事を防ぐ事が出来ています。

※応募チャネルとタッチポイントについては、こちらの記事で説明しています。

自社で働く仲間と、エンゲージメントの向上

「採用ステートメント」は、転職・就職市場にいる“自社の採用したい人材”に向けてのメッセージの基となるものを、データ化したものです。

つまりは「我が社は、このような新しい社員(仲間)を求めています」という、自社の採用したい人物像が、このデーターから読み取る事ができるようになっています。

我々が採用のお手伝いをさせて頂いている企業様の多くは、面接を担当されている方が複数いらっしゃいます。
それぞれが、それぞれの採用したい人物像を持っている事もあるのですが、
会社の永続と発展の為に、自社が採用したい「高付加価値人材」はこういった人材である。
といった、自社にとって必要な人材のイメージを揃えるのにも、採用ステートメントは、大きな効力を発揮しています。

また、これから新しい仲間を迎えようとしている、社内の従業員に対しても、
会社が採用しようとしている人物はどんな人材であるのかや、
改めて自社の企業理念・存在価値、文化形成などをわかり易い表現で目視できる事となりますので、

会社で行っている採用活動に、漠然たる印象を与える事がなくなり、
新入社員教育(オンボーディング)や、会社に対する思い入れ、愛社精神といった事の意味である“エンゲージメント”にも良い影響を与える事となっています。

※なぜ、きびだんご1つの報酬で命をかけて鬼と戦ったのか?~桃太郎から学ぶ、活躍人材とは~

実際の採用ステートメントをご覧ください

採用ステートメントは、内容はもちろん、ボリューム、表現方法に至るまで、各企業様によってそれぞれ異なるものではありますが、
私が籍を置いている“e仕事のサンテク”の採用ステートメント、全28ページを参考までにご覧いただければと思います。

採用
松野 健太をフォローする
タイトルとURLをコピーしました