シェアードバリューの浸透が、待った無しの時代到来!〜会社の考えや方針(進むべき道)を示す〜

組織

パンデミックやテクノロジーの急速な発展などによって、今まで世の中に存在していたはずの、正解や道しるべなどが消失し、先が見えない時代となってしまいました。

この事はよく『VUCA(変動・不確実・複雑・曖昧で予測不能)の時代』と表現されていますが、このような不確実な時代では、会社の考えや方針(進むべき道)を、会社がハッキリと示さなければ、社員さんは自分達が業務を通じて目指している方向性を見失ってしまい、組織がバラバラになってしまいます。

経営戦略の上位概念である企業(経営)理念、スローガン、ビジョンなど、企業様によって呼称や、見せ方は様々ではありますが、この上位概念から行動指針などまでの事を「シェアードバリュー」と言います。(企業によっては、フィロソフィーやコーポレートビジョンと言います)

シェアードバリューは“社員全員が共有してもつべき意識、価値観、考え方“となります。

このシェアードバリューは、企業(経営)理念などは抽象的な表現で簡潔に示す事が好ましく、
行動指針や十訓では、社員さんに迷いが出た時に、どういう行動が組織として推奨されているのかが見てすぐにわかるよう、具体的な表現で示す事が求められます。

e仕事のサンテク、シェアードバリューはこちら
このシェアードバリューは、当然ながら上から下まで、全ての項目で“一貫性”があるものとなります。

そして、シェアードバリューを作成したら、浸透戦略・戦術の設計(デザイン)を必ず行わなければ、作成した意味がほとんどなくなります。この浸透デザインは、最も重要な工程と言っても過言ではありません。

我々はこのシェアードバリューだけではなく、
更に具体的にビジュアル化した上で、採用市場へコミュニケーションを取る為の『採用ステートメント』作成のお手伝いもさせて頂いております。
我々のノウハウがお役に立てるような事がございましたら、お気軽にお問い合わせ頂けると幸いです。

※採用ステートメントについては、こちらの記事で説明しています。

組織
松野 健太をフォローする
タイトルとURLをコピーしました